MENU
アーカイブ
にほんブログ村

将来相続するかもしれない家と土地について考える

祖父母・両親が亡くなったとき、私(と何もしないであろう兄)が相続する、空き家・土地は4軒あります。

  1. (父方)祖父母の家(現)4年ほど空き家
  2. 両親が建てた戸建て(現)17年ほど空き家
  3. 現在両親が住んでいるマンション
  4. (母方)の祖父母の家・土地

価値のある不動産ならがいいですが、残念ながら田舎で価値がない負動産私も兄も住むつもりありません。

①祖父母と②両親の空き家について

①の物件と②の物件は隣同士に建っています。町役場から「家を管理してください。近所から苦情が来ていますよ」と連絡が来て、我が家の空き家の問題に気づきました。①と②の物件は2022年3月から売りに出しました。

ざっくりですがこんな感じです

空き家・土地が欲しいと3件ほど連絡があり(2022年4月時点)そのうち1人が空き家を見に来ました。父が不動産の人と対応したようですが、父曰く「30代のヤンキー夫婦」車やトラック(?)を数台置きたい+とにかくデカイ土地が欲しいらしく、我が家の広さには驚いていたそうです。

前向きに検討しているように見えましたが、家の前の道路が狭く諦めたようです。家の前の道路というと、車1台通るのがやっとです。

2人目は、ご近所さん。息子家族が家を建てたいらしく、300坪まではいらないが、少し土地が欲しいと問い合わせがありました。ただ、息子家族が建てられるのはまだ先のようで、諦められたようです。

③の現在の実家について

現在住んでいるマンションは築18年ほど。このマンションもいつまで住めるか・・・。この家の処分は私になるでしょうね。

④の祖父母の家について

母方の祖父母の家は①②より田舎で、人口減少が激しいです。春夏秋冬楽しめる良いところなんですけどね。農業を営んでいたので、土地がたくさんあります。「あそこもウチの土地、あれも、ここも、あの山も」という状態。聞いただけで気持ちが重くなります。手に負えません。曾祖母の家を解体し、更地にし売りに出しているのですが、4年ほど経ったでしょうか中々売れません。

さて、この家は誰が相続し片付けるのか。現在祖父母と叔父が住んでいます。叔父、叔母、母が生きていれば片付けるかもしれませんが、その前に亡くなった場合、母の子である私と兄、母の姪甥(私からするとイトコ2人)が相続しなければなりません。★身バレ防止のため家族構成・性別は一部変えています

日本の空き家

平成30年(2018年)住宅・土地統計調査の結果、空き家数は848万9千戸と過去最多となり、全国の住宅の13.6%を占めている。

総務省統計局
制作:graph-stock

空き家・土地を売る・譲る方法を考える

空き家・土地に価値がないと不動産屋に断られることがあります。また、不動産屋で売ったとしても、解体費用でマイナスになる・・・。なんてこともあります。ちなみにですが④の祖父の母(私からすると曾祖母)の木造平屋解体費用が200万でした。

家を解体をしても、売れるとは限りません。売れなかった場合、固定資産税を払い続けることになります。(更地なので6倍になるとか)

お母さん

もう、無料であげたい!

という方もいらっしゃるでしょう。0円だったら譲れる可能性があります!どれだけボロ屋でも草木ボウボウでも崩壊していても。家を解体しなくても、家財そのままでも引き取ってくささる方がいらっしゃいます。以下の記事に書いておりますので良かったら。

「みんなの0円物件」

家は建てたら終わりではない

空き家を放置し続けると、祖父母・両親だけでなく、兄弟姉妹・叔母叔母の負動産までも子や孫が相続しなければなりません。最近では、行政代執行と言って、強制的に空き家を解体され、600万~請求される相続人もいます。このお金は自己破産しても消えることはないです。

家を建てた者は、片付けるまでの責任があると私は思います。自分で片付けることができないとしても、片付けて貰うのですから、費用を子供に残すべきです。残していいものは、価値のない空き家・土地ではなく、お金です。

どうか、子や孫のために、片付けてあげてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次