MENU

【介護日記】認知症4年目の祖父は悲劇のヒーローぶる。

祖父が認知症になって4年目。認知症の薬やデイサービスに行っていたのもあってか、あまり進行しているように見えませんでしたが、ここ最近5月くらいからでしょうか。祖父の認知症が少し進んだような気がします。


例えば、休日に母(義理の娘)がいないと不安のようで、祖父は混乱状態になります。(仕事は休みのはずなのに、誰もいないのはおかしい。みんな自分を置いて出て行ったと思うようです)

「○○(私の両親)に通帳全部あずけとっけん一銭でも持たんよ。パンこっちゃい、おにぎり食うていくくらいは(年金)もらいよっけんが。その通帳もやっとっちゃんね。そがんとばなかごとなして、二人ながらおらんてんなんてよかね?いよいよ警察にたのまんばどがんしゅうもなかやんね。こがな人生ば送ってんなんて、じいちゃんは夢にでん思うとらんやった。情けなかんやんね。食うともなかやんね。アンタ(孫)がおって○○(義理の娘)さんがきとったときに、泣いてでんがやかましゅう言うて、ちゃんとしてもらうごと言わやごて。じいちゃんは(息子たちが)おっちゃろーって思って。なんてってんいわじおった。どがんやって生きていかんば?情けなか。警察にでん頼まんば、どがんかしてもらわじにゃ、食うていかれん。歳のいきゃあてこがなめおうて。


コテコテの方言なので、文字打つのに苦労しました。(笑)読む方も苦労しますよね。

祖父は、息子と義理の娘が家にいないと思っています。自分と孫しかこの家にいないと思っているようで。通帳は私の両親が管理していて、祖父はお金を全く持っていません。

ごはんを食べた記憶もなく「昨日から何も食べていない。お金もない。このままじゃ生きていけない。両親に電話をして帰ってきてもらって。」と母が帰ってくるまでずっと言い続けるのです。


祖父が言っていることは全て祖父の妄想なのです。毎日母にごはんを作ってもらい、ゲップをするくらい食べているのですよ。。。幸せ者ですよ。


そして、何も食べてない!と言うのですが、いつも冷蔵庫を漁っているんですよね。(私はナメられてるので注意しても聞かず)先日も生のウィンナー、カップケーキ3個、天ぷら×2、パン×1、ハム×3をお昼前に食べられておりました。もちろん朝ごはんちゃんと食べているのですよ。1日三色きちんと。


↓チオビタ×4、缶詰コーン×2、鯖缶×1。飲み食いしていたことも。


また、あるときにはサバ缶×1、焼酎を飲んで顔真っ赤にして酔っ払っておりました。


ですが、母が帰ってくると「良い子な祖父」に戻るのです。安心するのでしょうね。孫をもうちょっと信頼してほしいのですが。

にほんブログ村のランキングに参加しています。下の画像をポチッと押してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップ
目次
閉じる