MENU
アーカイブ
にほんブログ村

【介護本】『ねぼけノート 認知症はじめました』を読みました

今回ご紹介する本は、あさとひわ著『ねぼけノート 認知症はじめました』です。著者は認知症のお父様を介護しながら、イラストレータとして活動しています。

目次

『ねぼけノート 認知症はじめました』著:あさとひわ

78歳でレビー小体型認知症と診断された著者のお父様。漫画の描き方ではなんだか、ゆる~っとした雰囲気に見えますが、実際はとても大変な介護ではなかったかと思います…


お父様の発言がとてもゆるっとしていて可愛かったので紹介します。

「ひわ(娘)は なんていうか この宇宙のなかで 完全なもの って感じがするんだ」

著者のあさとひわさんは「スケールが大きい話….」とつっこまれていますが、私はこのお父様の言葉がすごく詩的でいいなと思いました。

父さんは バカになっちゃったの だから しょっちゅう 面倒見に 帰ってきてください

なんて、かわいいお父様なんでしょうか・・・。自分が認知症(ボケてしまった)と認め、娘さんにお願いする人、なかなかいないと思います。昭和初期・中期の方は(偏見すみません)むすっとしていて、やってもらって当たり前という人が多いのに。

ちなみに我が家の祖父の場合

孫が(自分の)面倒をみるのは当たり前!
今まで見てきたから当然のことだよ!

と言われるのでムカっとしちゃいます。あさとひわさんのお父様みたいにお願いされたら、私はしょっちゅう帰ってしまいますよ笑

¥1,210 (2022/02/14 21:25時点 | Amazon調べ)
おすすめ

本を読むならKindle unlimitedがおすすめです。30日間無料で200万冊以上の本を読むことができます。

\ブログの応援にポチッと下の画像を押してください/
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次